トイレの水漏れトラブルに見舞われても慌てないために知っておきたいこと

トイレの水漏れトラブルに見舞われても慌てないために知っておきたいこと キッチンやお風呂、トイレなどの水回りのトラブルがいつ起こるはかなかなか予想が付くことではありません。もしもトイレ 水漏れトラブルが起きたとき、これだけ知っておけば慌てることがないという豆知識をあらかじめ頭の中にインプットしておくといざという時に便利です。

■トイレの水漏れでよくあるトラブル

見るからに分かるようにトイレの水漏れがあれば分かりやすいですが、毎日掃除をしていれば、早い段階で水が漏れるトラブルに気づくはずです。場合によっては床が濡れていることで水が漏れていることに気づくこともあります。
給水管をよく見ると水がしたたり落ちていることもあれば、止水栓から水が漏れているのを目視ではっきり確認できることもあります。便器の中をよく見ると、いつまでも水が少しずつ流れていて止まる気配がないのもトイレのトラブルのひとつです。タンク部分から水が溢れるようになって慌ててしまうこともあるでしょう。酷い場合だと排水管から水道の蛇口をひねったように水が漏れるトラブルも珍しくありません。
自分だけは大丈夫と思っていても、急にトラブルに見舞われることは珍しいことではありません。万が一に備えて水が漏れるトラブルにはどんなタイプがあるのか、自分で直すことが出来るのか知っておくと必ず役に立つはずです。トイレは見た目に頑丈に作られているので気づきにくいかもしれませんが、消耗品のひとつです。時間が経てば修理が必要になるトラブルが起きても不思議ではありません。

■トイレの水漏れにどんなタイプがあるのか
水漏れで最初に確認するべきことは、どこから水が漏れているのかチェックすることです。これまで普通に使っていたのに、トイレに入ろうとしたら床が水浸しになっていると、それだけで慌ててしまいます。一刻も早く止めたいところですが、自分で直せる程度なのか、それとも修理を依頼しなければならないのか、ある程度目星をつける必要があります。
排水管部分から水が漏れていることもありますし、タンクのフタから漏れていることもあります。給水管や排水管、さらには便器の下から漏れていることもあるので、水が漏れている箇所を突き止めましょう。場所が分かればそれに合った修理が導き出せます。
ただ床が濡れているだけでどこから漏れているのか分からないという場合は、一度ぞうきんなどで床を拭いて、そのあと一度水を流してみてください。このとき水が漏れている箇所を特定できる場合があります。

■最後に頼りになるのはやっぱり専門業者

女性でも簡単に水漏れを直せる時代になりましたが、原因が老朽によるものなど素人にはどうしようもないこともあります。そんなとき頼りのなるのは専門業者です。水回りのトラブルを専門に扱う業者がありますから、信頼できる業者を探して修理を依頼するといいでしょう。
このとき、水が漏れている場所が分かっていれば、どのような修理が必要になるのか業者でも把握しやすいので、ただ水が漏れていると伝えるよりも、どこから漏れているのか伝えます。
本来であれば修理にどのぐらいお金がかかるのか料金を比較して、一番お得に利用できる業者を見つけたいところですが、トイレの水漏れトラブルの状態がそこまで猶予がない場合は知名度があり、利用者の信頼も高い業者に的を絞って相談してみてはいかがでしょうか。

■まとめ
トイレのトラブルにいつ見舞われるかは誰にも分かりません。見た目はキレイで新しく見えても、月日が経つごとに劣化しています。修理が必要な状況になってから慌てると冷静さを失いますから、トラブルが起きる前に気になる業者をピックアップしておきましょう。また、トラブルの程度によって自分で応急処置が出来ることもありますから、トラブルごとの応急処置の方法も知っておくとそのときになって慌てることがないので安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース